toggle
2018-06-20

常にフラットであること

こんにちは。満席が続くハンドメイド教室サポーター 村上秀美です。

 

ハンドメイド教室に限らず、自分で仕事をしていくのに重要なことの1つにマインドを整えることがあります。

いつも気持ちがフラットであること。

 

今日はめっちゃやる気があってすごくがんばったけど、2,3日たったら一気にやる気がなくなって何もしない。

ちょっといいことがあるとわぁ~~い!!!って大喜びするけど、嫌なことがあるとこの世の終わりなんではないかと思うぐらい落ち込む。

これでは、自分で仕事をしていくのにうまくいくはずがありません。

 

もちろん、人間ですから気持ちの浮き沈みもあるし、生きていればうれしいことも悲しいこともあります。

それがいけないわけではないんです。

それがいけないのなら、逆に何の感情もない人になってしまいますから。

 

そうではなくて、感情の浮き沈みに左右されてやるべきことができないというのは、ハンドメイド教室を仕事をしていくという自覚が足りないのではないでしょうか?

結局、仕事にしたいと言いながら趣味の延長でやってるだけ。

それなら、そういう自分を認めてあげればいいと思います。

趣味でやっているので、人が集まらなくてもしょうがないし、イベントやレッスンをやっても利益がなくてもしょうがない。

だって趣味で楽しくてやってるんだもん。

それでいいんじゃないのかなぁ・・・ 

 

 

 

常にフラットの状態でいるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

わたしは、自分らしくいることなんじゃないかな、と思います。

自分を大きく見せる必要もないし、逆に卑下しすぎる必要もない。

周りに気を使っていい顔することなく、自分で心地いい状態に自分を置く。

他人の目を気にするのではなく、自分に正直に生きる。

 

そうすれば、感情が乱れるようなことが起こっても、乱れっぱなしではなく元の状態に早く戻れるような気がします。

モチベーションをあげよう、とかする必要もないと思います。

 

 

「先生、よく冷静でいられるね。」

「ああいう対応ができるなんてさすがです。」

って言っていただきますが、もちろんわたしも気持ちが乱れることはあります。

できるだけ、常にフラットな状態でいられるように心がけていますが、なかなか修行が足りない(笑)

なので、今日の記事は自戒も込めて・・・

 

 

関連記事

LINE@でハンドメイド講師さんのための無料相談やってます。

お教室運営のお役立ち情報も配信します。詳しくはこちらから。

@xmi3806v  友だち追加