toggle
2018-07-15

人のことってわかるけど、自分のことってわからないんですよね

こんにちは。満席が続くハンドメイド教室サポーター 村上秀美です。

 

先日、わたしがやっている紙バンドのメルマガで、

「人のものを平気で奪うような心の貧しい人には、レッスンを受けてほしくない。」

というような発信をしました。

 

そうしたら、わたしの講師養成講座を受講してくださっている受講生さんから

“イベントに出たら「お教室へ行くほどではないんだけど、○○がうまく編めないんですよね~。」って言われたので、わたしは教えられません。って返事をしました。”

と返信をいただきました。

 

あなたも、こんな経験あるんじゃないでしょうか?

 

イベントじゃないにしても、ちょっと教えて的な感じで聞かれる、とか・・・

別に自分でできるからレッスンに行くほどでもないからここだけ教えて、とか・・・

 

その受講生さんも言っていましたが

いろんな考え方がありますが、そういう人は
 
“人のものを平気で奪うような心の貧しい人”なのかな?
 
“その場で教えて貰って得をしようとしている”のかな?
 
 
本当に知りたいならば、お教室へ行くのが一番ですよね。
 
 
 
ここまでは、ハンドメイド教室の先生方なら共感いただけると思います。
 
 

 

では、ご自身のことを振り返ってみてください。

 

自分のハンドメイド教室、いまいちうまくいかない、軌道にのらない。

他の人ってどうしてるのかな?

ネットで調べてみようっと。

ちょっとあの人に聞いてみよう。

 

こんなことしていませんか?

 

 

その結果ってどうなるかわかりますよね?

あなたに、教室に行くほどでもないけど…って聞いてくる人と同じです。

 

しょせんちゃんとできるようにならないし、もらえる答えも本質的なものではない。

 

 

本気で、お教室をなんとかしたい、生徒さんが集まるようにしたいと思っていたら、きちんと学んだ方が断然早いし、正しい知識が身につきます。

 

今年ももう半分が過ぎてしまいました。

そして、暑い暑いと言っていると夏ってあっという間に終わります。

このままいつもと同じ新しい年を迎えるか、ウキウキワクワクして新しい年を迎える

選ぶのはあなたです^^

 

 

関連記事

LINE@でハンドメイド講師さんのための無料相談やってます。

お教室運営のお役立ち情報も配信します。詳しくはこちらから。

@xmi3806v  友だち追加