toggle
2018-10-26

売り込みはしたくないですよね

 

こんにちは。満席が続くハンドメイド教室サポーター 村上秀美です。

 

あなたは、「売り込み」という言葉にどんな印象を持たれますか?

あまりいい印象を持たれない方が多いんじゃないんでしょうか?

 

例えば、エステのお試しの誘いを友達から受けた

あんまり行きたくないけど、友達だからしょうがなくお付き合いでいった

そしたら、コースの契約の話をされて、断り切れずに次回の予約を入れてしまった。

これって、売り込まれた感がすごくしますよね。

 

でも

そろそろシミやしわが気になってきたし

なんとかしたいな~

エステって行ってみたいけど

知らないところだと不安・・・

高かったらどうしよう・・・

と思ってるところへ

友達がお試しに行ってみない?って誘ってくれた。

行ってみたら、気持ちよくって、お肌もプルプル

ちゃんと説明を聞いてみたら、納得できる価格だったから次の予約を入れてきた。

これだと、売り込まれた感は全くなくて

むしろ

「紹介してくれてありがとう」

ってなりませんか?

この違いは何だと思いますか?

 

 

それは、“必要としている人に必要としているものを、販売しているかどうか。”なんです。

ハンドメイド教室も同じです。

全く興味のない人に、楽しいから来てね~って勧めたら相手からは売り込んでるように感じられます。

でも

やりたいけど、どこに教室があるかわからないって探している人にとって

ここでレッスンやってますって言ったら「探してたんです!行きます!」って言ってもらえますよね。

 

そこで案内しなかったら逆に冷たい人になっちゃいます(笑)

 

 

 

 

■一時帰国を利用して、わざわざ海外からレッスンを受けに来てくれる

■新幹線と在来線を乗り継いでレッスンに来てくれる

■近くに他の人がやってる教室があるのに、わざわざ2時間もかけて隣県からレッスンに来てくれる

■生徒さんが集まり過ぎて、生徒募集をストップ

■新しいレッスンを企画すると、あっという間に即満席

 

これは、わたしがサポートさせていただいた方々の成果の一部なんですが、わたしのサポートでは売り込むことは一切、お伝えしていません。

だって、わたし自身、売り込むのが大の苦手ですから・・・(^^;

 

日々のブログで

・未来の生徒さんが必要としている内容を伝える

・未来の生徒さんに届く記事を書く

・未来の生徒さんとの信頼関係を築いていく

ということがきちんとできていれば

売り込まなくても、自然に未来の生徒さんが集まってきます。

 

「きちんとできている」というのが大切ですよ^^

生徒さんが集まらない、思うような生徒さんが来てくれない、という方は、きちんとできていない可能性がありますので、気をつけてくださいね。

 

継続個別サポートでは、その方法をお伝えして、実践できるようサポートをしています。

継続個別サポート は、28日(日)まで受講生さんを募集しています。

お受けできるのはあとお一人です。

関連記事

LINE@でハンドメイド講師さんのための無料相談やってます。

お教室運営のお役立ち情報も配信します。詳しくはこちらから。

@xmi3806v  友だち追加