toggle
2017-12-18

東京、大阪でのレッスンが満席になるまで その5

こんにちは。満席が続くハンドメイド教室サポーター 村上秀美です。

愛知県の田舎に住んでいるわたしが、東京、名古屋、大阪でのお教室を軌道にのせるまでをお話しています。

前回までのお話はこちら 

東京、大阪でのレッスンが満席になるまで その1

東京、大阪でのレッスンが満席になるまで その2

東京、大阪でのレッスンが満席になるまで その3

東京、大阪でのレッスンが満席になるまで その4

 

東京と名古屋のお教室は、ありがたいことに3か月目から満席となりました。

でも、大阪のお教室はしばらく受講生さんお2人、というのが続きました。

それでも、大阪でのレッスンをがんばってブログで発信していたら、お申し込みが入ったのですが・・・

 

 

わたしのレッスンは、体験レッスンを受けていただいた後、基礎コースがあります。

基礎コースは、レッスン料が安価に設定してあります。

基礎コース終了後、趣味のレッスンを続けるか、講師養成講座に進むかを選択してもらっています。

ただ、東京、名古屋、大阪の都市部でのレッスンは、経費がたくさんかかるため、基礎コースは通信講座形式で受講していただき、講師養成講座からスタートしてもらうことになっていました。

ところが、大阪教室にお申し込みくださる方は、対面で基礎コースを受けたい、という方々でした。

つまり、安価でレッスンを受けたかったんですよね。

安価なレッスンが対面で受けられるということで、ある時から一気に受講生が増えました。

でも、わたしとしては手間が増えるのに、赤字続きという状況になりました。

これは、わたしがいけなかったんです。

なので、ルールをきちんと決めました。

それと共に、安価でレッスンを受けたいと思っている(であろう)人たちは自然とやめていかれました。

その人たちがいらっしゃらなくなって間もなくして、大阪教室も満席となりました。

そしてお申し込みが増えるようになり、今では大阪教室も1日だけでは足りず、月に2日レッスンをさせていただいています。

 

 

名古屋、東京、大阪と都会でのレッスンをはじめた2016年。

忘年会を名古屋で開催したら、千葉や京都からもご参加いただきたくさんのみなさんで楽しい時間を過ごせました。

その後、2017年東京での新年会、大人の遠足、プチセミナーなどを企画して、2017年の忘年会は京都で開催しました。

毎回、たくさんの受講生さんに参加してもらえて、受講生さん同士も住んでいる場所関係なく交流できて、楽しかったー!と言ってもらえる。

レッスンももちろんそうだけど、レッスン以外のところで受講生さん同士が楽しそうにしているのを見られるのも、すごく幸せだな~と感じます。

そして、大変な部分もあったけど、都市部でのレッスンをはじめてよかった、と心から思います。

 

わたしの経験を読んで、都市部でのレッスンをやってみようかなって思ってくださる方がいたらうれしいです。

もっと詳しく聞いてみたい、とかこんな時はどうしたの?ということがありましたら、ライン@からご連絡くださいね。

 

 

関連記事

LINE@でハンドメイド講師さんのための無料相談やってます。

お教室運営のお役立ち情報も配信します。詳しくはこちらから。

@xmi3806v  友だち追加